いびき 年齢

MENU

自分は年齢とともにいびきをかき易く陥る

 

日本で行われたとある分析に因ると、いびきをかく人の確率は20代では30パーセント近くなのに対し、50年以上では60パーセント近くという結果が出ました。倍の割合になります。

  • 退化とともにいびきをかく確率
  • 年齢とともにいびきをかく拠り所

 

では、何で年齢とともにいびきをかき易く向かうのでしょうか。
人は退化とともに、筋肉が弱ります。これは体全体に当たることですが、舌を助ける筋肉、喉周辺の筋肉も不安定ではありません。これらの筋肉が褪せると、睡眠時(殊に仰向けに寝ているケース)に、舌がのどに落ち込み易くなり、気道を小さくしてしまいます。その結果、いびきが発生しやすくなるのです。 年齢とともにいびきをかく拠り所
女性は更年期を迎えたあたりからいびきをかき易く変わる

 

女特有の原因として、女ホルモンの減額もいびき発生に影響します。
女ホルモンは、上気回廊の余剰を助ける筋肉の役割を盛んにしてくれますが、更年期を迎えたあたりから女ホルモンの分泌かさは急激に減少してしまう。そのことが原因で、女性は年齢とともにいびきをかき易くなってしまうのです。

 

原因レポート:女のいびきと、意外なその原因

 

快眠年月が減少して、就寝が浅く陥る。いびきは軽減したいショップ

 

自分は年齢を重ねると、若い頃に比べて快眠が浅くなり、快眠時間も減少します。昼の運動量の落ち込みや、退化にともなう脳や体の支度が目論見と考えられています。いびきをかく結果、快眠の出来をさらに悪くしてしまいますので、できるだけいびきを軽減したいものです。ただ、弱りた筋肉を鍛えて出向くということは実にむずかしいのが現状です。いびきを軽減していくような寝生き方や生活習慣など、気掛かりにならないタイプから取り入れてみてはいかがでしょうか。