いびき 枕

MENU

【いびき 枕】大きい枕と乏しい枕、どっちがいいの?

 

いびきのかきやすさは「枕の高さ」と関係があります。ぐっすり言われるのは、大きい枕で眠るといびきをかき易い、ということです。

 

なぜ枕が厳しいといびきが出やすくなるのかというと、気道が圧迫されてせまくなるからだ。

 

人間の口・鼻からのどにかけて気分が受かるスポットを「気道」と呼びますが、なんらかの要因によってこういう気道がせまくなると、いびきが出やすくなります。

 

本質 いびきはどうして芽生える? その原因は気道がせまくなること!

 

枕が高すぎると、くのキーワードに気道が折れ曲がってしまい、そのせいで気道がせまくなります。これが「大きい枕はいびきをかき易い」と仰るときの根拠です。

 

では、いびきを防止するためには絶対におっきい枕はタブーで、できるだけ乏しい枕を扱うべきなのでしょうか。

 

実は、そうとは限りません。
高すぎる枕がいびきを連続するのと同じように、低い枕がいびきを強めてしまうこともあります。

 

それは、たとえば老化の影響でのどの筋肉がおとろえて、舌が気道に沈み易くなっているシーンだ。舌が気道に沈んでしまうと、そのぶんだけ気道がふさがれてしまうため、いびきをかき易くなります。そして舌が気道に落ち易いのは「低枕」を使ったときなのです。

 

目標までに、気道がせまく変わるもとごとに「低めの枕がいいのか」それとも「高めの枕がいいのか」を載せておきます。
(飽くまでも条件だ)

  • 気道がせまくなるもと 低めの枕 高めの枕
  • 太ったためにのどの内に脂肪が付いている ○ ×
  • 年齢にともなってのどの筋肉がおとろえる × ○
  • 元々扁桃や口蓋垂が大きすぎる − −
  • 鼻づまりなどのせいで口息づかいになっている × ○
  • 焼酎や睡眠薬などの影響で、筋肉がゆるむ × ○

 

つまり、一言で気道がせまくなるといってもその原因は十人十色なので、悪い枕とおっきい枕のどっちがいいのかは一概には言えないということです。

 

補足

 

気道がせまく上るもとがいくつかさなっている場合、どういう高さの枕を使っても、いびきが緩和されないことがあります。
どうして枕の高さを決めればすばらしい?

 

枕を取りかえることによって、いびきが小さくなることは充分にありえます。

 

ただ、どのくらいの高さのものが自分に合うのか、それを見定めるのは結構難しいです。各種高さの枕を装着できればいいのですが、マイホームにたくさんの枕がいる奴は短い思います。

 

ではどうすればいいのかというと……

 

先ず、軽装使っている枕の下に、タオルケットか厚手の銭湯手ぬぐいを敷きます。それだけで枕が高くなるので、この状態で眠ってみて、いびきが軽減されるかどうにか確認してみてください(レコーディングして確認するのがベストです)。

 

仮にいびきが少なくなったら、今までの枕が低いすぎたということです。その場合は大きい枕を使うようにすればOKです。

 

では、枕を高くしてもいびきが変わらなかった or 増えたなら?

 

その場合は、少ない枕に変えたほうがいいかもしれませんが、「軽装使っている枕がとっくにベストの高さ」という可能性も残っています。

 

つめものを取ったりしないかぎり、枕を低くすることはできません。低めの予備の枕が手元になければ、ともかく少ない枕を買ってみて、それでいびきがどうなるか確認するのも一案だ。
枕の資材は「姿がくずれないもの」を最優先にする

 

いびき排除のために枕を選ぶときは、「眠っている間に狂いしにくいカタチ」を選ぶのが最高大切です。なぜなら、枕が狂いやるということは、眠っている間に高さが変わることを意味するからだ。

 

いくら自分に合っているの枕を見つけても、肝心の高さが覆り易いとしたら、いびきの排除は難しいです。

 

このことを考慮すると、羽毛や羊毛、ポリエステル綿などの瑞々しい資材は、あまり低いかもしれません。パッキングがかたよることは少ないですが、念頭がほんとに沈み込み易いので、簡単に高さが変化してしまいます。

 

それに対して、プラスティックチップや身の回りがらといった硬めの資材は、ウェートがかかっても高さが覆り辛いだ。いびき計画には嬉しい資材と言えます。ただし、パッキングが少なくてカバンの中で距離しやすいシーン、高さがすぐに変化するので注意が必要です。

 

一時期極めて流行った低異議の枕はどうでしょうか。パッキングが距離しないという引力はありますが、ソフトめのウレタン形態を使っている場合は念頭が沈みこみます。硬めのウレタン形態なら、いびき計画には有用と思います。